ブルーのシェルティ・アルとジークのお気楽な日々。いつもはのんびりまったり癒し犬。ときどきカヌー犬に変身します♪ショードッグ&ディスクドッグの経験アリ。いまはのんびりキャンプ犬~^^
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


福島で観光@大内宿②
2010年07月30日 (金) | 編集 |
大内宿を散策したあとは~
名物のお蕎麦を食しましょう

まだお昼には早いけど・・気温もどんどんあがって
観光客も増えてきたし、今じゃないと無理かも~。。ってことで


事前にリサーチしてきたのは『玉川屋』さん


ペットも一緒にどうぞ~^^
大内宿 19



メインストリートからそれて横路に入っていきます
大内宿 20



ちょっと離れた場所にありました・・静かでいいかも
大内宿 21




すぐにワンズにお水を出してくれましたよ^^(写真ブレブレ
大内宿 27




ペットOKのところは屋根つきのテラス席って感じでしょうか~
大内宿 27


強い日差しもさえぎってくれて風通しもよく、涼しくて気持ちよかったです^^
池にはカモさんも住んでいます~



毛づくろいをするカモさん
大内宿 24



気持ちよさそうに泳ぐカモさん
大内宿 28



アルも泳ぎたい?(いや、アルは水に入るとお地蔵犬になっちゃうか
大内宿 29



バシャバシャと水浴びをしたり羽を広げて身づくろいしたりするカモさん
その落ちた羽毛を拾い集めにスズメがとんできたり・・と小さな池の周りは和やかな雰囲気
いつまで眺めていても飽きません^^




店内の壁には立派な熊の毛皮がかけられていました
大内宿 23



お品書きには”熊汁”が~。。そっか食べちゃうのね・・これも自給自足?^^;
大内宿 22



熊うち名人のおじいちゃんにもお会いしました
春先や秋になると畑に現れることがあるそうですよ~
え~っと、こちらの熊はツキノワグマかな?
(北海道出身のモノにとってクマといえばヒグマのことなので・・^^)


う~ん。。熊汁もちょっと食べてみたいと思ったけど・・
あまりお腹がすいてなかったので軽めにざるそばと、天ぷらを1品たのんでシェアしました
(あ、ここにも『ねぎそば』がありましたよ~)



ざるそばと天ぷらです
大内宿 26



おかあさんが毎日手打ちしているというお蕎麦はコシがあってツルツルと喉ごしもよく風味もあってとっても美味しい♪
実はアルpapaもワタシも麺類は何でも太麺が好きなんだけど、これは細くても美味しかったです^^
もう少しお腹に余裕があれば、おこわ付きのセットを頼みたかったな~。。
それもすごく美味しそうでした



食べてる間 ワンズは足元で待機です
大内宿 25




残念、アル&ジークにおすそ分けはナシでした~



お店を出ると、観光客がさらに増えてる!
やっぱり観光地は朝のうちにまわるのが正解ですね☆


次はメインのキャンプ場へ向かいましょう♪





スポンサーサイト

福島で観光@大内宿①
2010年07月29日 (木) | 編集 |
塔のへつりのあとは大内宿へ~
20分くらいで到着です


大内宿
大内宿 1


『大内宿(おおうちじゅく)』とは・・
栃木県の日光・今市と福島県の会津若松を結ぶ旧会津西街道(別名・下野街道-しもつけかいどう-)の宿駅
道の両脇には茅葺き屋根、寄棟造の民家が並び、江戸時代の宿場町の面影を残しています
国の重要伝統的建造物保存地区に指定


も少し詳しい説明は・・↓ポチッとすると大きくなります
大内宿 2



アル&ジークも旧街道を散策~
大内宿 3


気温があがってきたのでワンコ服+マーキング防止のためマナーベルトも装着
観光客も同じルートで移動していたようで、塔のへつりでお会いした方たちにまた再会したり^^
ここでも可愛がってもらえてアルくん大喜び



等間隔に並んでいる民家は お蕎麦屋さんや土産物屋さんとして利用されているようです
大内宿 4


大内宿 5


大内宿 6



大内宿といえばお箸代わりにネギ1本を使って食べる『ねぎそば』が有名ですね
何ヶ所か看板を見かけました・・全部のお蕎麦屋さんで出しているわけじゃないのかな?



ねぎそば あります
大内宿 9


他に本陣を復元した『大内宿町並み展示館』なんかもありました(写真撮り忘れ



道の両脇を流れる水路で冷やされてるジュース
大内宿 7



ジークはミニ水車が気になる~?
大内宿 8



保存地区の全長は500m弱
つきあたりまでくると上にのぼる階段があります


急な石階段と・・
大内宿 10


ゆるやかな迂回路・・
大内宿 11


わが家はもちろん・・迂回路で!
大内宿 12


ワンズにせかされるワタシ・・
大内宿 13


お寺を過ぎてもうちょっと上ると・・
大内宿 14



大内宿を見渡せるビューポイントへ^^
大内宿 16


ここで恒例の記念撮影(ロープがジャマだな~)
大内宿 15


アルくん 疲れたみたいで動かなくなっちゃいました・・^^;
大内宿 17



そこを激写する専属カメラマン(笑
大内宿 18


さ、帰りはおそばを食べていきましょう~^^


大内宿 ②へつづく・・








福島で観光@塔のへつり
2010年07月23日 (金) | 編集 |
1ヶ月ぶりの更新です


懲りずに思い出しキャンプレポつづきまーす


5月22日はアルのバースデー記念で福島へ
キャンプ場のチェックインは午後からですが、先に駐車場にトレーラーだけ置かせてもらって
午前中は身軽に観光へ出発~!

南会津では定番の観光スポット、塔のへつり~大内宿へ行ってまいりました


お天気もよく、暑くなりそうな気配。。涼しいうちにまわろう!
キャンプ場から1時間弱・・9時半頃に着きましたよ~^^


塔のへつり・・の看板
塔のへつり 1


『へつり』とは、このあたりの方言で『危険な崖』という意味だそうです
長い年月をかけて侵食と風化を繰り返した奇岩が連なり、見事な景観を創りあげたという。。天然記念物指定


入り口までの道の途中、何ヶ所か有料駐車場がありましたが、とりあえず最後まで行ってみる・・
塔へつり 2


停められそうな場所がなかったので戻ろうとしたところ、甘栗の出店をかまえてたおじさんが
『ここに停めていいよ~』と・・では、遠慮なく♪
近くに停められてラッキーでした^^
(お礼代わりといっちゃなんですが、帰りに甘栗を買ってきましたよ~~。。考えようによっちゃ駐車料金より高くついたか??^^; でも甘栗も美味しかったし~~、いーんです♪)


さっそくアル&ジークを連れて見に行きますよ~~
塔へつり 3


吊り橋が見えますね~
塔のへつり 4


向かい側は見事な景観!
塔へつり 5



アル&ジークもつり橋を渡りまーす^^
塔のへつり 6


途中で記念撮影したりして・・
塔のへつり 7


バックは塔のへつりです・・連なっておりますね~
塔のへつり 8



無事に渡りきったところで しばし人波が過ぎるのを待つ・・(観光客が多いので)
塔のへつり 8


道行く人たちに可愛がってもらったりもして^^
塔のへつり 10


アルは大喜びです(ジークは逃げてるあたり・・笑)
塔のへつり 11


団体客が通り過ぎたところで階段をおりてみまーす
塔のへつり 12


続いてこんな感じの短いトンネルを通ってゆくと・・
塔のへつり 13


こんな場所へ・・
塔のへつり 14


手すりもなく地面もナナメ・・足場も悪いですが・・気をつけて歩いていけば大丈夫^^
塔のへつり 15


マイナスイオンをたっぷり浴びつつ・・お約束の記念撮影(笑
塔のへつり 16


こんなに近くまでこれることにちょっと感動しましたね~(でも足元注意!)



こんな場所も・・カヌーで渡れたらおもしろいだろな^^
塔のへつり 9



このあとまだ上につづく階段もありましたが、狭くて急だったため断念しました(がんばれば行けたかも)
でも、ここまででも十分です


次は大内宿へGO~!











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。